__________ エレビット __________

トップ>妊活TOP>妊活成功者のリアルヒストリー>「できるだけ自然に妊娠したい」自己流タイミング法で授かった先輩に聞きました

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

「できるだけ自然に妊娠したい」
自己流タイミング法で授かった先輩に聞きました

「できるだけ自然に妊娠したい」自己流タイミング法で授かった先輩に聞きました

妊活を考え始めたけど、わからないことだらけで不安がいっぱい…。そこで、妊活のファーストステップである自己流タイミング法で妊娠した2組のケースをご紹介します。
妊活卒業生のリアルストーリーを参考に、初めの一歩を踏み出しましょう。

※この記事は『妊活スタートBOOK』(主婦の友社)からの転載記事です。

タイミング法とは?

タイミング法とは、女性が妊娠可能な時期(排卵日)を割り出し、その時期にセックスをして精子を子宮に送り込むこと。自己流のタイミング法では、市販の排卵日予測検査薬を用いたり、基礎体温を毎日記録し、おりものの変化から排卵日を予測します。

タイミング法とは?

「妊活を通して夫婦の絆が深まりました」
~Nさん(34歳・妊活歴3年)の場合~

Nさんの妊活履歴

33歳

【10月】不正出血で婦人科を受診
【11月】不妊専門外来のある病院を受診し医師の指導のもとタイミング法
【12月】卵管造影検査などを行うが異常なし

34歳

【  8月】人工授精をすすめられるが夫と話し合い、自然妊娠をめざすことに
【  9月】通院をストップ。冬に自然妊娠

妊活スタート時の方針

  • 効果があるなら薬を使いたい
  • 検査を迅速に受けたい
  • できるだけ自然に妊娠したい
  • 夫が治療にそれほど積極的ではない
  • できれば体外受精まで進みたくない

通院を決めたきっかけは?

自己流タイミング法を3年、不正出血もあり、35歳になる前に夫婦どちらかに何か問題があるなら少しでも早く治療をすべきと考えました。そのときは体に問題がないかを確認する検査のつもりで高度治療の話はしていませんでした。

夫婦であらためて相談、妊活方針を再確定したことがターニングポイントに

人工授精をすすめられたとき、夫が自然妊娠を希望し通院をやめました。夫婦仲よく、ストレスをかかえずに妊活することで、すぐに授かることができたように思います。

妊活成功のヒケツは?

妊娠しなくても自分のせいだ!と思わないこと。夫婦の生活やメンタルに余裕がないとベビーは来てくれないのでは、と思います。妊娠できなくて悩んでいたとき、あきらめると授かるという話を聞き、できなかったら夫婦で仲よく暮らしてペットを飼おうと思っていたところ、授かりました。
妊活で夫婦仲が悪くなったら元も子もないので、自分たちのことを犠牲にしたり、あと回しにしたりせず、夫婦で趣味を持ったり、遊びに行ったりするといいと思います。

こうすべきだったと思うことは?

授かるまでには時間がかかるもの。もっと早く妊活を始めればよかったです。

妊活にかかった費用

受けた検査は子宮卵管造影検査のみ。通院中にタイミング法を11カ月継続。総合病院で安く、診察料は500円程度で検査費用を合計しても数万円以内でした。

お母さんと赤ちゃん

「ターニングポイントはチョコレート嚢胞の除去手術」
~Yさん(33歳・妊活歴3年)の場合~

Yさんの妊活履歴

31歳

自己流タイミング法スタート

32歳

不妊治療専門病院で検査、医師の指導のもとタイミング法、初診で左卵巣にチョコレート嚢胞が見つかる

33歳

【  2月】総合病院の婦人科に転院。MRI検査の結果、手術が決まる。手術まで医師の指導のもとタイミング法を継続
【  7月】チョコレート嚢胞除去手術
【  9月】自己流タイミング法再開
【10月】妊娠

妊活スタート時の方針

  • 排卵誘発剤はなるべく使いたくない
  • 検査は状況に応じて段階的でいい
  • できるだけ自然に妊娠したい
  • 夫が治療に積極的
  • できれば体外受精まで進みたくない

通院を決めたきっかけは?

1年間の自己流タイミング法で授からず、妹の妊娠をきっかけに受診に踏み切りました。不妊治療専門病院で検査し、左卵巣チョコレート囊胞を発見。病院指導のもと1年間タイミング法にトライしました。
その後、医師からチョコレート囊胞の改善のために約半年間、薬で生理を止める治療を提案されましたが、その期間は妊娠が望めなくなるため、夫婦で話し合いチョコレート囊胞のくわしい検査(MRI)をしようと決断、総合病院に転院しました。結果、手術することに。

手術に踏み切って大正解。術後3カ月で懐妊

総合病院に転院してMRI検査をした結果、チョコレート嚢胞を除去する手術をすることになりました。術後3カ月行った自己流タイミング法で妊娠。

妊活にかかった費用

受けた検査はホルモン検査、子宮卵管造影検査、精液検査、AMH、フーナーテスト。診察料、検査費用、手術代まとめて12万~15万円。

妊活成功のヒケツは?

私の場合、やっぱり手術。手術を受けること自体にも、手術しても授かる保証がないことにも不安を感じていましたが、チョコレート囊胞を除去して体も気持ちもスッキリしました。術後、担当医から3カ月は自己流タイミング法で様子を見てくださいと言われ、すぐに授かることができました。もっと早く受診して、手術すればよかったです。

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

Ninkatsu_segment_SampleBanner

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

新しい命を授かるということは、妊娠を知った時からはじまることではありません。なぜならあなたには、妊娠の前にできることがたくさんあるからです。

エレビットは、よりよい形で赤ちゃんを迎えることができるお手伝いをしたいと願っています。

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

 

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!
First True Present 未来の赤ちゃんに、いまからできるプレゼント

Last Updated : 2021/Dec/13 | CH-20211130-103