エレビット

エレビットの葉酸サプリは根拠がある葉酸800μg+>根拠がある葉酸800+を選ぼう> ホモシステインを身体に溜めないコツ。産婦人科医が解説します

ホモシステインを身体に溜めないコツ

中村仁美さんがMCを務めるエレビット提供のラジオ番組「エレビットpresents 大切なあなた」に、東京労災病院産婦人科部長の太田邦明先生が出演されました。

葉酸が体の中に足りていないと悪玉アミノ酸と呼ばれる「ホモシステイン」が蓄積されます。
今回、太田先生には「ホモシステイン」とは何なのか。「ホモシステイン」はなぜ溜まるのか?どんな悪影響があるのか?など、「ホモシステイン」に関することを4回に分けて解説していただきました。

まずは7月に放送された「Vol1.ホモシステインとは?」と「Vol2.ホモシステインを身体に溜めないコツ」についてご覧ください。

太田 邦明先生プロフィール

太田先生

独立行政法人 労働者健康安全機構 東京労災病院 産婦人科部長

東邦大学医学部大学院卒業。メイヨークリニック内分泌研究所リサーチフェロー、ロザリンドフランクリン医科大学産婦人科助教、慶應義塾大学産科婦人科学教室助教、那須赤十字病院産婦人科副部長、福島県立医科大学産婦人科学講座・ふくしま子ども・女性医療支援センター 講師、東邦大学医療センター大森病院産婦人科 准教授を経て、令和3年より現職。医学博士、日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本女性医学学会ヘルスケア専門医・指導医 など

第17回 2022/7/24放送 Another Edition 
専門家インタビュー:東京労災病院産婦人科部長 太田邦明先生

中村:ゲストの方ご紹介いたします。東京労災病院産婦人科部長の太田邦明先生です。宜しくお願いします。

太田:宜しくお願いします。

 

ホモシステインが溜まりやすい人の特徴

中村:改めてこのホモシステインについて、先生簡単に教えてください。

太田:ホモシステインを簡単に説明すると、まず「悪玉のアミノ酸」と考えてください。

中村:響きが悪いですね。

太田:ただ、タンパク質って非常に重要な栄養素だと思うのですが、どうしてもそれを摂ってしまうと溜まってしまう悪玉のアミノ酸です。ホモシステイン自体はまだ、それ自体が活性酸素いわゆる細胞を錆びさせる作用を持っておりますし、炎症や特に局所での血栓を作ったりするような作用がありますので、どうしても溜まってしまうのですけども、なるべくその悪玉のアミノ酸は溜めないようにした方がいいという物質です。

中村:それって妊娠に関係なく、老若男女溜めたくないですよね。

太田:もちろんです、はい。

中村:ですよね。その体に溜めておきたくない悪玉のアミノ酸ですが、どういった人に溜まりやすいとか、そういうのもあるのですか?

太田:葉酸を使いづらい体質の人がいるので、そういう人は葉酸をとってもなかなかホモシステインを排除できないというところがあります。

 

葉酸の摂取方法

中村:葉酸をとらないとホモシステインが溜まりやすい。普段葉酸は食事からもとれてはいるのですか? 

太田:食事からもとれてるのですが、食事からとる葉酸の量は少なく、非常に効率が悪いのです。

中村:なるほど。という事はやっぱりサプリとかに頼った方がいいっていう事ですね。

太田:そうですね。実際サプリメントの同じ量例えば摂ったとしても、サプリメントの方が2倍ぐらい効果があると思っています。

中村:そうなのですね。量だけではなくてって事ですか?

太田:はい。

中村:ちなみにどれぐらい葉酸は1日に摂った方がいいのですか?

太田:厚生労働省の推奨量でみますと、例えば我々は産婦人科で患者さんが女性なのですが、一応240μg/日といわれています。大体サプリメントで売っているものは400μg/日とか240μg/日だと思うのです。

中村:そうですよね。

太田:それが大体基準なのですが、ただ妊活中やいつ妊娠するかわからない人はプラス400μgなので、トータル厚生労働省の基準では、妊活中の人は640μg摂ってください。

中村:640μg/日って例えば食べ物で表すとどれぐらいとかありますか?

太田:640μg/日だとこの前計算したのですけれど、松茸でいう1本あたり20㎍の葉酸が含まれているので、1日約30本分です。そうすると1日15万円ぐらいかかっちゃうんです。なので、本当に食事で摂るのは大変なのです。

中村:(笑)金額もですし、量もちょっと尋常じゃないようになっちゃいますね。

太田:松茸って比較的葉酸が多い物なので、きのこ類なんで多い。それでも非常に高額になってしまうのです。

中村:食事でとるというの絶対無理じゃないですか、それ。

太田:かなり難しいかと思います。

中村:サプリで補うしかないですよね、これは。

太田:サプリメントの方が効率がいいかと思うのです。

中村:サプリですとこんな小さいのを1粒2粒飲むだけで400μg/日とか摂れますものね。

太田:摂れちゃいますからね。

中村:それはそうなんですね。特に妊婦さんはつわりで食べ物が食べられなかったりとか、もう限定された物しか口にできないなんて方もいらっしゃいますから、そういった方も勿論ですけれども、一般の方もサプリで取った方がいい。

太田:いいと思います。

中村:効率がいいと言うのはどういうことですか?

太田:基本的に葉酸は水溶性ビタミンなので、調理したりすると分解されてしまうという事があるので、せっかく食べてもその分失ってしまう。

中村:調理の時点でもう既に減ってしまってる。

太田:減ってしまう。なおかつそういう天然型のビタミンより葉酸は体の中に吸収されにくいというのがあるので。

中村:そのサプリメントの合成葉酸の方が、天然の葉酸よりも効率よく摂れるって事ですか?

太田:もちろん。効率よく摂れるので、私たちはサプリメントをお勧めしています。

中村:意外です。イメージ逆でした。天然の葉酸の方がとりやすくて、合成は摂りづらいのかなと思ってたんですけれども逆なんですね。

太田:僕も最初食事で摂った方がいいと思ってたのですけど、違ったんですよね。

中村:そうか。だからよりサプリの方が効率よく摂れると。なるほど。葉酸を今度は飲むのに何かプラスアルファみたいなのもありますか?

太田:プラスアルファ。他のマルチビタミンの中でもビタミンB、Dですね。B、Dを一緒に摂ると、葉酸の代謝を応援してくれるというか、主役が葉酸になると思うんですけども

中村:はい。

太田:それを応援してくれるので、ビタミンB群も一緒に摂った方がいいかと思います。

中村:入っているものがいいという事で。それで食べ物からでもいいんですか?葉酸のサプリを摂りつつB群の入ってる食べ物、それも難しいですね。

太田:その両方摂るのはなかなか難しいと思うのです。

中村:確かに。だったら、サプリに全部含まれてるものを摂るのが効率が一番いいという事ですね。

太田:そうですね。

 

葉酸を摂取しづらい体質

中村:なるほど。葉酸を体質的に摂りづらい方がいらっしゃるんですか?

太田:葉酸を使う過程で遺伝子の変異っていうのがあって、比較的遺伝子の変異の中で完全変異と半分変異と正常って3つのパターンですけど、完全変異になってしまうと、葉酸を使う効率は30%ぐらいしか動かなくなっちゃうのです。その完全と半分合わせると日本人でも60%ぐらいその遺伝子変異の人がいるんです。

中村:結構多いですね、それ。

太田:実際、僕も半分。

中村:あ、先生も?!

太田:その半分の人は日本人のうちの50%なのです。

中村:そうなんだ。日本人は葉酸取りづらい体質なんですか?

太田:日本人の特性というか。

中村:そのサプリを飲んでも体内で働きづらいという事ですか?

太田:そうですね。しっかり十分量取らないといけないのと、先程言っていた厚労省の推奨量っていうのは、日本人の体質には触れてないので、もしかしたら640μg/日でも足りないのかもしれない人もいると。

中村:先生、検査してとおっしゃってましたけれども、それ自分で確かめることできるのですか?葉酸の遺伝子の。

太田:全然アマゾンとかで売ってて。

中村:そんな気軽に?

太田:気軽にできて。

中村:検査キット売っているのですか?

太田:口の中に綿棒入れてパ・パ・パっやって投函すれば、後日(結果が)送られてくるのですけど、結局体質って遺伝子異常なので、自分の遺伝子って変えられないので、それが出てしまったら、もう自分で積極的に葉酸取るしかないと。

中村:先生は取りづらい体質ですけれども、今、葉酸飲んでらっしゃるんですか?

太田:自分でも飲んでます。

中村:(笑)そうなりますよね。そうなんだ。そんな検査キットがあるんだったら、特に妊娠を考えられてる方とか、まずやってみる価値はありますね。

太田:そうですね。自分のその体質っていうんですかね。遺伝子異常はもう決められたことは仕方ないので、しっかり受け入れして葉酸飲むっていうのは大事かもしれないですね。

 

葉酸の摂取時期

中村:確かにそうですね。ちなみに葉酸っていうのは、いつから摂取すればいいのですか?妊娠考えた時からもう取った方がいいって事ですか?

太田:今プレコンセプションケアっていう概念があって、妊娠する可能性がある女性はなるべく栄養状態を良くしましょうっていう概念がWHOから出てるんですけども、それに沿って考えると思春期ぐらいから、妊娠いつしてもおかしくないような人だったら、取った方がいいんじゃないかなと考えられてます。

中村:なるほど。実は30代でそろそろお子さん、子供考えようかなって思ってる30代ではなくて、10代20代の頃から葉酸を取っていた方がいいということですか?

太田:そう思いますね。でも別に遅いって事はないので、気がついたら始めればいいと思うので。

中村:ちなみにいつまで取ればいいとかありますか?

太田:これは非常に僕達産婦人科ってゆりかごから墓場までって、ずっと横軸で女性をずっと診るのですけども、いろいろあって調べてみると、どの年代でも葉酸ってやはりいい効果を示すので、1度始めたらやめられないみたいな感じです。

中村:取るなら取り続けてて大丈夫ってことですね。

太田:はい、いいと思います。

中村:私もう取るのやめてました(笑)

太田:取ったがいいです。僕は母親にも飲ませているのですよ(笑)

中村:そうなんですね。私もう妊娠の可能性もないし妊娠する事もないけど、ドラッグストアで買いに行きます。

太田:是非、是非。

中村:凄くいいお話を伺いました。今回は東京労災病院産婦人科部長の太田邦明先生をゲストに迎えて、ホモシステインを体に溜めないコツをテーマにお話を伺いました。参考になりました。今日ドラッグストアに買いに行きます。

太田:お願いします。

中村:ありがとうございました。

太田:ありがとうございました。

エレビット会員になると、他のラジオコンテンツをスマホで閲覧できます。

Last Updated : 2022/Aug/26 | CH-20220818-26