Home葉酸について葉酸の他に必要な栄養-ビタミンD

ビタミンD|含まれる食べ物は?妊活・妊娠中に必要?

葉酸だけじゃない。妊活・妊娠中に欠かせない栄養素「ビタミンD」

お腹の赤ちゃんが成長するためには、お母さんが摂取するたくさんの栄養素が必要です。
特に葉酸は、妊娠初期の赤ちゃんの脳や脊髄を作るのに欠かせない大事な栄養素。また、赤血球を作る役割も担っているため、葉酸は妊活・妊娠中を通した摂取が重要な栄養素とされています。

厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015

でも、妊活・妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけでいいのでしょうか?
厚生労働省の食事摂取基準では「ビタミンD」も摂取を推奨されている栄養素。ここではその理由を解説します。

ビタミンDの役割とは

ここがポイント!

  • カルシウムの吸収を促進し、骨の形成をサポート!

骨の材料となるカルシウムは妊娠中に大切な要素ですが、カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助けるビタミンDも重要な栄養素のひとつ。つまり、カルシウムを体内にきちんと取り込むには、ビタミンDが欠かせないのです。

ビタミンDはいつ必要?

ここがポイント!

  • 妊活中から授乳中まで継続的に

妊娠・授乳期のお母さんのビタミンD濃度が、小児期や思春期の成長にも関係すると言われています。
ビタミンDは母乳に多く含まれるため、妊活中から授乳中まで意識的に摂取したい栄養素です。

ビタミンDを含む食べ物とは

ここがポイント!

  • サケ・マグロ・サバなどの魚、牛のレバー・バター ・チーズ、きのこ類など

ビタミンDには、ビタミンD2とビタミンD3の2種類があり、ビタミンD2は、きのこ類に多く含まれている植物性、ビタミンD3は魚肉や魚類の肝臓やバター、卵黄などに多く含まれる動物性です。
主に、以下の食品にビタミンDが含まれています。

  • <動物性:ビタミンD3>
  • サケ、マグロ、サバなどの脂肪性の魚および魚類肝臓
  • 牛のレバー、バター、チーズ、卵黄など
  • <植物性:ビタミンD2>
  • きのこ類

出典:厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』「統合医療」情報発信サイトhttp://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c03/10.htmlおよび 日本人の食事摂取基準(2015年版)より

ビタミンDが多め!
おすすめレシピ

ビタミンDを摂取できるチーズやきのこ類は、1年を通して流通している利用しやすい食材。豚ときのこの味噌炒めや、長ねぎのチーズ焼きなど、1品追加してみてはいかがでしょうか?

  • 豚ときのこの味噌炒め

  • 長ねぎのチーズ焼き

この他にも妊活レシピがたくさん!
エレビット公式インスタグラムはフード妊活のコツをお届けしています。

妊活・妊娠中のビタミンDは足りている?

ここがポイント!

  • 国民健康・栄養調査によると、日本人女性は全体的に不足しているとの報告結果も

では、ビタミンDはどのぐらい摂取すれば良いのでしょうか?

18歳~49歳の女性で目安とされるビタミンDの摂取量は1日5.5㎍で、妊娠中の場合の目安は7.0㎍と多めになります。

18~49歳女性
5.5㎍/日
妊婦
7.0㎍/日
授乳婦
8.0㎍/日

厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015

とはいえ、2017年の国民健康・栄養調査によると、女性が実際に摂取している量の平均は20代では5.0㎍、30代では5.3㎍、妊婦では5.6㎍と、全体的に不足しているとの結果が報告されています。

食事摂取基準に対する実際の平均摂取量の図

ビタミンDが不足する理由

ここがポイント!

  • 過度な紫外線対策

  • 食事から必要量を摂取する難しさ

などが原因に

ビタミンDは食物からの摂取に加え、体内で作ることもできる栄養素ですが、体内合成のために皮膚に紫外線をあてる必要があります。そのため、屋外で過ごす時間が短い人や紫外線対策を厳重にしている人は、平均値よりも大きく不足してしまう可能性があります。

また、毎日の食事だけで必要量を満たすのはとても大変ですね。

食事からビタミンDが摂れているか気になる方は今すぐチェック!

食事の栄養バランスチェック!

手軽にビタミンDの必要量を摂取するなら

献立を考える難しさや紫外線を浴びる必要性…ビタミンDの必要量を摂取するのは大変です。

サプリメントなら手軽に、不足するビタミンDを補填することができるので、毎日の食事に取り入れることを検討してはいかがでしょうか?

マルチビタミンサプリ「エレビット」に含まれるビタミンDは天然由来成分のビタミンD3で、1日の摂取目安量である7.0㎍を3粒で摂ることができるよう、配合されています。

飲んでいるサプリにビタミンDはどれくらいはいってる?

サプリ成分チェック

〜気軽に食事相談〜管理栄養士の先生が個別に答えます♪(今なら無料!)

「これは食べていい?」「私の食事これでいいの?」「毎日の栄養計算が難しい!」…など、妊活・妊娠中の栄養に関するお悩みを管理栄養士が個別にお答え。お気軽にご相談ください♪

産婦人科医推奨No.1 葉酸を含むマルチビタミンサプリ「エレビット」

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

産婦人科医 推奨No.1のブランド
エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でも
お買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

お求めやすい単品購入から
おトクな定期購入まで

定期購入10%
OFF

十分な葉酸濃度を得るために、
一定期間の摂取をできる定期購入を
おすすめしています。

(1か月に1袋お届け)

単品定価4,500円のところ、4,050円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。

定期購入の前に
お試しされたい方へ

お試し1袋購入

(30日分)

単品定価4,500円(税込) 送料無料
まとめてお試しなら

(60日分)

2袋定価9,000円のところ、8,550円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。