Home葉酸について葉酸サプリの種類

葉酸サプリの種類
天然葉酸と合成葉酸の違い

葉酸サプリは⼀般的に「合成葉酸」であることがほとんどです。では、よく耳にする「天然葉酸」との違いは何でしょうか。

実は葉酸の種類には「天然葉酸(一般的に「食事性葉酸」と呼ばれるもの)」と「合成葉酸」の2種類があり、この2つは体内への吸収効率の違いに特徴があります。

天然葉酸とは?

ここがポイント!

  • 「食事性葉酸」「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれる葉酸で、体内で利用できるのは摂取した量の半分程度です

天然葉酸(=⾷事性葉酸)とは、⾷材に含まれる葉酸のことを指し、「ポリグルタミン酸型葉酸」と呼ばれています。このタイプの葉酸は、消化管(⼩腸粘膜)の酵素によってモノグルタミン酸型に分解されてから⼩腸に吸収されますが、その過程で受ける様々な影響のため、体内への吸収効率は摂取した量の半分程度とされています。また、⾷材に含まれる葉酸のため、調理などによる熱で分解されやすい(葉酸は⽔溶性ビタミン)という特徴もあります。

⾷材に含まれる葉酸なのでサプリメントに含まれることは、あまりありません。

厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015

合成葉酸とは?

ここがポイント!

  • 「モノグルタミン酸型」と呼ばれる葉酸で、摂取した量の約85%が体内で利⽤できます

主にサプリメントなどに含まれている葉酸のことで、「モノグルタミン酸型葉酸」と呼ばれています。
⾷材に含まれるポリグルタミン酸型葉酸は、体内でモノグルタミン酸型に分解されないと⼩腸から吸収されませんが、合成葉酸は最初からモノグルタミン酸型です。そのため、体内への吸収効率が⾼く、合成葉酸は摂取した量の約85%が利⽤できるといわれています。
市販されているサプリメントは、ほとんどがこのタイプの葉酸が含まれます。

葉酸の吸収効率の違い 合成葉酸85% 天然葉酸50%

天然葉酸と合成葉酸サプリの違いは?

ここがポイント!

  • 天然葉酸は収穫時期や天候の影響を受ける場合が。合成葉酸(サプリメント)は、吸収効率や原料の品質は常に安定しています

⾷材に含まれる天然葉酸は、食事からとれる葉酸のため摂取しやすいという利点があります。ですが「ポリグルタミン酸型」であるため摂取した量の吸収効率が⼀定ではなく、また、⾷材の収穫時期や天候によって品質にばらつきが出ることがある、という報告もあります。

いっぽう、合成葉酸は天然葉酸と比較して吸収効率が高く安定しています。また原料の品質が常に一定に保たれるという利点があります。

エレビットは、摂取した成分の⼤半を体内で活⽤できるように、
そして品質の安定した葉酸サプリをお届けするために
合成葉酸を使っています。

でも…サプリは葉酸だけが⼊ったものを選べばいいのでしょうか?
サプリメント選びに役⽴つポイントをご紹介!

葉酸・サプリメントの必要性

妊活/妊娠中に推奨されている葉酸の種類とは?

ここがポイント!

  • 妊娠を望む⼥性が摂取する葉酸として厚⽣労働省が推奨しているのは吸収率のよい合成葉酸です

厚⽣労働省では、妊娠を希望する⼥性に対し、⾷事摂取基準で⽰されている葉酸量(18歳以上は240µg/⽇)に加えて、妊娠の1か⽉以上前から妊娠3か⽉までの期間、400µg/⽇の葉酸を摂取することを勧めています

これは、妊娠前〜妊娠初期までの葉酸摂取によって、先天異常である胎児の神経管閉鎖障害(受胎後28⽇で閉鎖する神経管に形成異常が起こり、無脳症、⼆分脊椎、髄膜瘤などの先天性異常をもたらす)などの発⽣リスクを低減することがわかっているからです。

また、妊娠中は⾷事摂取基準の葉酸量に加えて240µg/⽇、授乳中は100µg/⽇の葉酸を摂取することが望ましいとされています。葉酸には造⾎機能を維持する働きがあり、⺟乳は⾎液からつくられるため、授乳期も葉酸摂取は⼤切となります。

妊活中に必要な葉酸摂取量(1日)
通常240㎍ 食事性240+サプリメント等から400㎍
妊娠中に必要な葉酸摂取量(1日)
通常240㎍ 480㎍

そして、妊娠を望む⼥性が摂取する葉酸として厚⽣労働省が推奨しているのは吸収率のよい合成葉酸です。受胎前後に摂取したい400µg/⽇の葉酸量を天然葉酸に換算すると800µg/⽇となりますが、この量を⾷事から毎⽇摂取するのは難しいからです。

厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015

エレビットは、合成葉酸を使って、
1⽇あたり800µgの葉酸を継続的に摂取いただけるよう、開発しています

多すぎる?それには理由があります。
なぜエレビットは葉酸が800µg含まれているのでしょうか?

エレビットが葉酸800µg配合の理由
葉酸は一日にどのぐらい摂取しても良いのでしょうか?

食事からの葉酸摂取には上限値※1はありません。サプリメント(モノグルタミン酸)の場合は1000µg/日が厚生労働省が発表している上限値です。

この上限値は「5000㎍/日の葉酸(モノグルタミン酸)摂取で副作用がない」という研究報告の数値を根拠に、より安全とされる係数をかけて、1000µgと設定されています。※2

また、葉酸は、食事性葉酸(ポリグルタミン酸)、サプリメント(モノグルタミン酸)、ともに水溶性のため体内で不要な分は排出されます。

※1 上限値:耐容上限量を指し、健康障害をもたらすリスクがないとみなされる摂取量の上限として定義されています。

※2 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015

〜気軽に食事相談〜管理栄養士の先生が個別に答えます♪(今なら無料!)

「これは食べていい?」「私の食事これでいいの?」「毎日の栄養計算が難しい!」…など、妊活・妊娠中の栄養に関するお悩みを管理栄養士が個別にお答え。お気軽にご相談ください♪

産婦人科医推奨No.1 葉酸を含むマルチビタミンサプリ「エレビット」

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

産婦人科医 推奨No.1のブランド
エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でも
お買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

お求めやすい単品購入から
おトクな定期購入まで

定期購入10%
OFF

十分な葉酸濃度を得るために、
一定期間の摂取をできる定期購入を
おすすめしています。

(1か月に1袋お届け)

単品定価4,500円のところ、4,050円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。

定期購入の前に
お試しされたい方へ

お試し1袋購入

(30日分)

単品定価4,500円(税込) 送料無料
まとめてお試しなら

(60日分)

2袋定価9,000円のところ、8,550円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。