__________ エレビット __________

トップ>妊活TOP>妊活成功者のリアルヒストリー 妊活卒業生150人にアンケート

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

妊活卒業生150人にアンケート!
最短妊活で授かるためにしたことって?

妊活卒業生150人にアンケート!最短妊活で授かるためにしたことって?

これから妊活を始めようと悩んでいる人は、わからないことが多すぎて、不安でいっぱい…。 ママになった妊活卒業生150人にアンケートしたところ、妊活に成功した人も最初はみんな同じ悩みをかかえていました。卒業生からのアドバイスには最短妊活に導くヒケツが満載です!

※この記事は『妊活スタートBOOK』(主婦の友社)からの転載記事です。

→妊活卒業生150人にアンケート!最短妊活で授かるためにしたことって?

→自己流タイミング法

→通院によるタイミング法

→40代の人工授精と体外受精

→顕微授精

→男性側から見た体外受精

現役ベビ待ちさんに聞きました!
妊活で不安に思っていることは?

赤ちゃんを欲しいと望んでいる人たちから聞こえてくるのが「避妊をやめたらすぐできると思っていたのに、なかなかできない」という声。さらに、多くの人が「そもそも自分は妊娠できるのか」「タイミングをとる日時が合っているのかわからない」と悩んでいます。
まずは、ベビ待ちさんに「いま不安に思っていること」「何について悩んでいるのか」を聞きました。

Q.妊活中、不安に思うことは?

  • 今、行っている治療が妊娠にどこまで近づいているのか…先が見えず、不安です。
  • 検査を受けても何の問題もなく、なぜ妊娠ができないのかわかりません。
  • 夫にどれくらい相談していいのか…。くわしく話しすぎると、引いてしまうのではと心配です。
  • 薬の副作用が心配です。ある程度のことはがまんすべきなのでしょうか。

Q.今、悩んでいることは何ですか?

  • 転院すべきか悩んでいます。どの段階で転院すべきでしょうか。
  • 仕事と通院の両立がむずかしく、どちらかをあきらめるべきか悩んでいます。
  • 夫は自然妊娠を望んでいて、病院に行くのを渋っています。精液検査を受けてもらいたいのですが…。
  • まだ20代です。若くてもステップアップを考えるべき?
     

卒業生150人にアンケート

一足早く妊活を始めママになった妊活卒業生150人に、リアルな妊活事情を伺いました。

妊活スタート時の方針は?

Q.検査についてどう考えた?

検査についてどう考えた?回答

妊活を始めた人は、「妊娠を妨げる要因がないか」「あるとしたら何が原因なのか」を知りたいため、迅速に検査を受けたい派が大多数。

Q.薬についてどう考えた?

薬についてどう考えた?回答

薬については妊娠の確率が上がるのなら、使いたいという人が過半数を占めています。
後悔のないように、夫婦でよく話し合って方針を決め、支え合いながら取り組むことが妊娠への近道のようです。

Q.夫は治療に積極的?

夫は治療に積極的?回答

妊娠が成功した夫婦の場合、夫が積極的だったという人が過半数。

Q.妊娠の仕方についてどう考えていた?

妊娠の仕方についてどう考えていた?回答

Q.体外受精へのステップアップについて

体外受精へのステップアップについて。回答

スタート時は「できるだけ自然な妊娠」を望み、「できれば体外受精までは進みたくない」と思っていた人も、治療が進むうちにさまざまな要因で体外受精にステップアップするケースも多々あり、治療のゴールは千差万別。

妊娠した年齢は?

妊娠した年齢は?回答

半数以上が35才未満。早いスタートを切るほど、妊娠の確率が上がるだけでなく、コストも抑えられます。

妊娠した方法は?

妊娠した方法は?回答

150人中の約半数近い72人がタイミング法、71人が体外受精・顕微授精で妊娠。人工授精は7人と少数派。

妊活中かかった費用は?

妊活中かかった費用は?回答

30万円未満はタイミング法か人工授精まで。体外受精までステップアップすると回数によってかなりの高額に…。

妊活卒業生からのアドバイス

妊活時代のつらさがわかる分、本音でアドバイスをしてくれました。彼女たちの体験談を参考に、自身の妊活プランを立てましょう。

自己流で妊活している人はまず一度病院へ
(Mさん 33才・ベビ待ち歴1年4カ月 通院タイミング法で妊娠)
新婚のころは避妊していたけれど、いざ妊娠したいと思っても計画どおりにいかないものとわかってあせりました。自己流を長く続けるより、病院に行ったほうが早いです。
(Sさん 33オ・ベビ待ち歴3年 人工授精で妊娠)
ひとりで悩んでなかなか話せなかったのですが夫にちゃんと相談し、いっしょに通院してもらいました。妊活は夫婦の問題なのでご主人に協力してもらうことが大事だと思います。
(Aさん 34才・ベビ待ち歴2年 自然妊娠)
夫の精子に問題があり、精液検査を早くやっておけばよかった。本当に赤ちゃんが欲しいのであれば早く治療を始め、迷わずステップアップを。
(Yさん 36才・ベビ待ち歴3年 顕微授精で妊娠)
抵抗があるかもしれないけど、最初から不妊専門外来のある病院に行くこと。私は産科のある個人病院から始め、結局、専門クリニックに転院することになり、時間もお金もかかってしまいました。
(Pさん 30才・ベビ待ち歴2年半 体外受精で妊娠)
病院に言われるまま毎回同じ方法をとるのではなく、積極的に先生に相談を。失敗しても落ち込んだり、考え込まないで、リフレッシュしましょう。
(Uさん 39才・ベビ待ち歴3年6カ月 顕微授精で妊娠)

→妊活卒業生150人にアンケート!最短妊活で授かるためにしたことって?

→自己流タイミング法

→通院によるタイミング法

→40代の人工授精と体外受精

→顕微授精

→男性側から見た体外受精

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

新しい命を授かるということは、妊娠を知った時からはじまることではありません。なぜならあなたには、妊娠の前にできることがたくさんあるからです。

エレビットは、よりよい形で赤ちゃんを迎えることができるお手伝いをしたいと願っています。

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

 

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!

Last Updated : 2021/Dec/13 | CH-20211130-103