Home学ぶ:妊活中の心とからだ医師による女性の心とからだづくり講座葉酸の代謝を助けるのはマルチビタミンサプリ:太田 邦明先生

医師による女性の心と
からだづくり講座

医師による女性の心とからだづくり講座一覧へ

妊娠に気づく前から葉酸を!葉酸の代謝を助けるマルチサプリメントを上手に活用しましょう。

「妊娠中は葉酸が大事」ということは聞いたことはあるかもしれませんが、実は「妊娠前から葉酸を摂取した方が良い」のです。 それはなぜなのか、プレコンセプションケアと葉酸代謝のメカニズムに詳しい太田先生にお話を伺いました。

女性とパートナーが、将来の妊娠を考えながらからだの調子を整え準備すること

――将来の妊娠のために望ましい生活習慣とはどのようなものでしょうか。

不妊治療を専門に診ているのですが、診察時にまずお話するのは「ご自身が子供のころにしていた生活を思い出してそれを実践してみてください」ということです。子供のころは、良く寝て、良く食べて、よく外で遊んでいたと思いますが、その生活は妊娠しやすい身体づくりに大切なことです。特に、太る心配をするよりも栄養バランスがとれた食事をしっかり食べてほしいと思います。妊娠を望まれる際には「これに気をつけよう、あれを控えよう」と難しく考えてしまいがちですが、答えはとてもシンプルです。

――毎日忙しいあまりにバランスのとれた食事を摂るのが難しいと感じる女性も多くいらっしゃると思うのですが、いかがでしょうか。

食事をしっかり摂ることは重要ですが、現代の女性は本当に忙しいために栄養を十分に摂れないのも現状だと思います。疫学的にも日本の女性は栄養素の摂取が足りていないことがわかっていて、その中でも特に摂取量が心配される栄養素のひとつが葉酸です。2000年には厚生労働省が葉酸摂取を推奨する通知を出していますが、なかなか一般的に広まっていないこともあり、世界的にみると日本は葉酸摂取後進国と位置付けられてしまっています。

――日本人には葉酸が足りていないことには何か理由があるのでしょうか。

アメリカに留学をしていた際に、「アメリカには色々な国から人が集まっているけれど、アジアの人は野菜をよく食べるから葉酸の心配をしなくても大丈夫」と言われたことがあるのですが、これは古来の和食のイメージで、緑の野菜をよく食べていた頃の話だと思います。現代では食の欧米化によって野菜の絶対量が足りていませんので、いつも通りの食事では葉酸は不足しがちだという認識をまずは持っていただければと思います。
加えて、知っておいていただきたいのは、遺伝的に葉酸を体の中で上手く働かせづらい体質の方が日本人には多くいらっしゃるということです。

――葉酸を体の中で働かせることと遺伝的な体質が関係しているのですか。

摂った栄養素を体の中で働かせる際には「代謝」という過程が必要になります。そして、一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、日本人の6割以上は葉酸を代謝する酵素に関わる遺伝子に変異があり、人によっては葉酸の代謝が30%にまで落ちているのです。これの何が問題かというと、葉酸が代謝されないと「ホモシステイン」という良くない物質が体の中に蓄積されてしまい、妊娠中の様々な不調の原因や赤ちゃんの成長を妨げる原因となります。これは妊娠・出産にとって非常に好ましくない状態です。
さらに、体の中では新陳代謝によって常に細胞が生まれ変わっていて、細胞が生まれ変わる際には必ずDNAの合成が行われます、このDNAの合成の潤滑油となっているのも葉酸です。赤ちゃんがお母さんのお腹の中で育つ際にはこのDNAの合成が活発なのでこの点からも葉酸を摂取する重要性を知っていただければと思います。

――葉酸を摂る際に気を付けることはありますか。

DNAの合成は妊娠初期から非常に活発ですので、妊娠する前から葉酸は摂っていただきたいです。また、日本人の体質を考えると、摂取する葉酸は量をしっかり摂った方が良いでしょう。サプリメントで摂取する葉酸の上限は1000㎍(食事から摂る葉酸は含まない)ですので、目安にすると良いかもしれません。
もう一つ知っておいていただきたいのが、食事で摂れる葉酸とサプリメントで摂れる葉酸では体の中で使われる活性に約2倍の差があるということです。厚生労働省もサプリメントなどで合成の葉酸を摂取することを推奨していますので、サプリメントを摂ることに抵抗がある方も違いを知って積極的に取り入れていただきたいです。また、葉酸を代謝する際にはビタミンB群も使われますので、サプリメントを選ぶ際には、一緒に摂れる栄養素にも着目してみてください。

厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015

バランスのとれたエレビット

日本人の体質と栄養不足の現状を考えると、葉酸が800㎍しっかり摂れ、ビタミンB群も入っているエレビットは、日本人女性にマッチしたサプリメントだと思います。
また、意外かもしれませんが、注目したいのが粒のサイズです。配合成分の数や量が増えるとサプリメントの粒は大きくなりがちですが、エレビットは小粒なのが良いと思います。「飲みやすい=続けやすい」だと思いますので、忙しい女性たちに飲み続けてもらうには大きなポイントだと思います。

Dr.太田のチェックポイント!

    妊娠前から取り入れて欲しい習慣

  • 良く寝て、バランスの良いものをよく食べ、よく動く

  • 日本人は葉酸を代謝しにくい体質の割合が高いので、積極的に葉酸を摂取する

  • 葉酸サプリメントはマルチビタミンの入っているものを選ぶ

  • 飲みやすいサプリメントを継続してみよう

太田 邦明先生プロフィール

>太田 邦明先生
福島県立医科大学 産婦人科学講座・ふくしま子ども・女性医療支援センター 講師

東邦大学医学部大学院卒業。メイヨークリニック内分泌研究所リサーチフェロー、ロザリンドフランクリン医科大学産婦人科助教、慶應義塾大学産科婦人科学教室助教、那須赤十字病院産婦人科副部長を経て、平成30年より現職。医学博士、日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本女性医学学会ヘルスケア専門医・指導医 など


未来の赤ちゃんのために
きちんと栄養を摂りたいと
思っているあなたに!

妊活中の方はもちろん、将来赤ちゃんがほしいと思っている方は、今の生活習慣を見直して、将来妊娠するためによくない生活を送っていないか確認しましょう。中でも日本人女性は、赤ちゃんの正常な発育に必要とされる葉酸の摂取量は、推奨量の半分にも達していないので積極的な摂取が求められます。
そこでオススメなのが、葉酸サプリ「エレビット」を活用すること!エレビットは1日3粒で葉酸800μgを摂取でき、また、葉酸の働きをサポートする5つの栄養も含まれているマルチサプリなので、体内で葉酸をうまく働かせることができます。

エレビット
栄養素のはたらきを詳しくチェック

**Source: Based on internal calculations of QuintilesIMS databases, IMS R4B at October 2016 data state. CAT2 = MULTIVITAMINS - PRENATAL, Top 10 BRD based on LEU/PUB MAT/10/2016
※2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

産婦人科医 推奨No.1のブランド
エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でも
お買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

お求めやすい単品購入から
おトクな定期購入まで

定期購入10%
OFF

十分な葉酸濃度を得るために、
一定期間の摂取をできる定期購入を
おすすめしています。

(1か月に1袋お届け)

単品定価4,500円のところ、4,050円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。

定期購入の前に
お試しされたい方へ

お試し1袋購入

(30日分)

単品定価4,500円(税込) 送料無料
まとめてお試しなら

(60日分)

2袋定価9,000円のところ、8,550円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。