エレビット

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

【医師監修】妊婦さんの抜け毛の原因は?妊娠中・産後の抜け毛対策

妊婦さんの抜け毛の原因は?妊娠中・産後の抜け毛対策

妊娠から出産、そして月経が戻るまでの期間、女性の体にはさまざまな変化が起こります。なかでも妊娠中や産後に、急に抜け毛が増えたという話を耳にして驚いた方も多いのではないでしょうか。
妊娠中や産後に抜け毛が増えるのはなぜなのでしょうか?また、どのような対策をしたらよいのでしょうか?

妊婦さんの抜け毛は栄養不足が原因のひとつ

妊婦さんのマイナートラブルに関する調査結果によると、「毛髪の減少」は全体の約20%の人に起こったと報告されていることから、妊娠中の抜け毛は珍しくないことだといえます。これは、お母さんが摂取した栄養が、赤ちゃんに優先的に送られるために、体の栄養が不足することや、ホルモンの分泌量の変化が主な原因と考えられています。
一方妊娠中、毛髪にボリュームが出たという人や、体毛が増えたという人もいます。これはホルモンの影響によるものと考えられています。

女性ホルモンと毛髪の関係は?

詳しいメカニズムについてはまだわかっていないことも多いようですが、女性ホルモンと毛髪には深い関連があると考えられています。
女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、月経周期によってお互いのバランスを保っています。特にエストロゲンは卵巣や子宮などの生殖器や脳、骨、毛髪など全身の健康に関わっていると考えられています。

→ 黄体期とは?月経周期の基礎知識

妊娠中・産後に抜け毛などのトラブルが起きやすい理由

妊娠すると、出産に備えてエストロゲンとプロゲステロン、プロラクチン(主に乳腺に関係するホルモン)の値は上昇していき、産後に急激に減少します。
このホルモンの急激な減少によって子宮や骨盤は正常に戻っていき、個人差はありますが産後半年くらいかけて(授乳をしている場合は1年以上かかることも)徐々にホルモンのバランスが整い、また月経がやってきます。

妊娠から産後までのホルモンの変化

このようなホルモンの急激な変化によって妊娠中・産後の体は、さまざまな影響を受けると考えられています。例えば、妊娠中のマイナートラブル(病気ではない不快な症状)、産後の抜け毛、精神状態が不安定になるなど、ホルモンの与える影響範囲はとても広いのです。

→ 妊婦さんを悩ませるマイナートラブル。詳しい症状や対処法は?

産後の抜け毛はいつまで続くの?

産後の抜け毛は多くの場合、産後3カ月〜半年ごろに起き、産後1年くらいにはおさまっていくようです。
妊娠・出産によるホルモンの影響は避けられないものですが、徐々に出産前の体に戻っていき、同時に抜け毛もおさまっていくものです。いつまでも抜け毛がおさまらない場合は、別の原因があることも考えられるため医師の診察を受けましょう。

産後の抜け毛はいつまで続くの?

妊娠中から産後まで取り組んでおきたい抜け毛対策

ホルモンによる抜け毛を減らすことはできませんが、できるだけ髪や頭皮へのダメージを抑えて対策しておくことはできます。次に、妊娠中から取り組んでおきたい抜け毛対策のポイントを5つご紹介します。

1:頭皮を清潔に保つ

頭皮の毛穴は大きく皮脂の分泌も盛んで、汚れが蓄積しやすい状態です。毛髪の成長を妨げないよう頭皮を清潔に保ちましょう。
シャンプーの前にブラッシングをし、お湯で軽く髪を洗い、よく泡立てたシャンプーで洗いましょう。シャンプーが残らないようによく洗い流し、しっかりと髪を乾かすのがポイントです。

2:頭皮のマッサージを心がける

栄養は血液を通して体のすみずみに運ばれますが、血流が悪いと毛髪へも栄養が行き渡らない可能性があります。シャンプーをするときや、1日のリラックスタイムに頭皮のマッサージを取り入れてみましょう。

3:髪を短めにカットしてみる

髪が長いと髪自体の重みでボリュームがなく、薄く見えることがあります。伸びはじめた短い毛も、全体を短めにカットすることによって目立たなくなり、お手入れも楽になります。

4:栄養バランスのよい食生活を心がける

髪の主成分はケラチンというたんぱく質です。髪のもととなるたんぱく質をはじめ、コラーゲン、ミネラル、ビタミンを摂取しましょう。
栄養素はお互いに助け合って働いているため、なにかひとつだけ摂ればいいということはありません。妊娠前からバランスのよい食生活を心がけることが大切です。

→ 今日の食事の写真をUPして栄養バランスをチェック

妊娠中から産後まで取り組んでおきたい抜け毛対策

妊活中・妊娠中に必要な
\栄養、摂れていますか?/

エレビット無料サンプル

まとめ

妊娠中の抜け毛は、栄養不足が原因のひとつと考えられます。体全体に栄養が行き渡るようバランスのよい食生活を心がけましょう。
また産後、突然の抜け毛にショックを受けてしまうこともあるでしょう。しかし、安全な出産のための必要な体の変化があり、その結果として産後の抜け毛が起こると考えられています。
産後の抜け毛は徐々に減っていくのがふつうなので、あまり心配しすぎなくても大丈夫です。抜け毛がひどくならないよう、妊娠中から髪や頭皮、栄養状態に目を向けて抜け毛対策しておきましょう。
妊娠中や産後の体の変化について疑問や不安なことがあれば、かかりつけの医師に相談しましょう。

この記事は2021年11月1日時点の情報です。

監修者

鈴木 幸之助先生

鈴木 幸之助先生

竹林ウィメンズクリニック 院長
2010年滋賀医科大学付属病院に入局。2013年 大津市民病院。2015年日本赤十字医療センターを経て、2018年滋賀医科大学産婦人科講座 助教として勤務。同年病棟医長。
2020年より竹林ウィメンズクリニック勤務。2021年より院長に就任。
日本産科婦人科学会認定専門医、日本産科婦人科学会認定指導医、母体保護法指定医。

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!

Last Updated : 2022/Mar/23 | CH-20220308-24