Home葉酸・サプリが必要な理由葉酸について

葉酸について

葉酸は、新しい赤血球を作ったり、赤ちゃんの成長や発育に必要な栄養素。
妊娠中には通常時の2倍が必要になります。

葉酸は、
妊娠中に重要な栄養素

妊娠初期の数週間、ほとんどの女性は妊娠を自覚していませんが、その数週間に胎児の神経管は形成されます。

神経管は胎児の脳と脊髄、中枢神経系にとってとても重要な器官です。この神経管の形成には、母体が摂取する葉酸の量が重要なカギを握っていると考えられています。

必要な葉酸量を賄える摂取量
(18歳以上の場合)

妊活中
1日の推奨葉酸摂取量
通常240㎍ 食事性240+サプリメント等から400㎍
これを食事で摂る場合
枝豆(ゆで)なら約200さや

1さやの可食部を2g※と仮定。
100gあたり260µg含有※2
※廃棄率50%

妊娠中
1日の推奨葉酸摂取量
通常240㎍ 480㎍
これを食事で摂る場合
アボガドなら約3個

1個あたり168µg含有※2

厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015年度)の概要

文部科学省:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

サプリメント等で400µg(=食事性葉酸換算800µg)+食事性葉酸240µg。よって、食事性葉酸換算1040µg=枝豆200さや

妊活中は、通常よりも、
妊娠中よりも多く
葉酸を摂る必要があります。

葉酸を含む食材の一例

葉酸は水に溶けやすく、
熱に弱い性質

フラスコ

葉酸は水溶性のビタミンで水に溶けやすいため通常の食品以外からの摂取上限量は900~1,000㎍/日なのです。

エレビットは「葉酸」を
1日800㎍
摂れるように開発

エレビットは赤ちゃんの体を形成する重要な時期に母体が必要とする葉酸の濃度を早いうちから維持するため、1日800㎍が摂取できるように配合しています。

エレビットは、
産婦人科・婦人科医師
推奨No.1のマルチサプリです

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

〜気軽に食事相談〜管理栄養士の先生が個別に答えます♪(今なら無料!)

「これは食べていい?」「私の食事これでいいの?」「毎日の栄養計算が難しい!」…など、妊活・妊娠中の栄養に関するお悩みを管理栄養士が個別にお答え。お気軽にご相談ください♪

産婦人科医 推奨No.1のブランド
エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でも
お買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名

お求めやすい単品購入から
おトクな定期購入まで

定期購入10%
OFF

十分な葉酸濃度を得るために、
一定期間の摂取をできる定期購入を
おすすめしています。

(1か月に1袋お届け)

単品定価4,500円のところ、4,050円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。

定期購入の前に
お試しされたい方へ

お試し1袋購入

(30日分)

単品定価4,500円(税込) 送料無料
まとめてお試しなら

(60日分)

2袋定価9,000円のところ、8,550円(税込) 送料無料

袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。