エレビット

妊娠10ヶ月カレンダー
ママとおなかの赤ちゃんの体の変化

妊娠7ヶ月(24~27週)

妊娠7ヶ月(24~27週)

妊娠7ヶ月とは、妊娠24~27週までまでをさします。妊娠中期にあたり、赤ちゃんは少しずつふっくらして、お母さんは子宮がどんどん大きくなる頃です。この時期の赤ちゃんの様子はどうなっていて、お母さんの体にはどのような変化が現れているのでしょうか。それぞれみていきましょう。

妊娠7ヶ月(24~27週)の赤ちゃんの発育

妊娠7ヶ月(24~27週)の赤ちゃんの発育

胎児の大きさ
身長:約35㎝  
体重:約1000g 
キャベツくらいの重さ
 

7ヶ月頃の赤ちゃんは少しずつ筋肉と脂肪がついてきて、ふっくらとしていきます。神経細胞がたくさんできて、脳はさらに複雑に発達し、なめらかだった脳の表面にシワできてきます。寝たり休んだり、活動したりを繰り返すようになるのもこの頃からです。手をこぶしのように握ったり、親指を吸ったりするほか、子宮内に動けるスペースがあるので、頭を上にしたり下にしたりと、姿勢を変えることもあります。

妊娠7ヶ月(24~27週)のお母さんの体の変化

7ヶ月頃になると、胎児がぐんぐん成長して、お母さんの子宮もどんどん大きくなっていきます。大きくなった子宮は、おなかや横隔膜を圧迫して、消化不良、胃酸の逆流が起きたり、消化管を圧迫して便秘になりやすくなったり、といった症状を引き起こすこともあります。また、子宮が大きくなるのと同時におなかの皮膚が伸びて、妊娠線ができる人もいます。

妊娠中期に気をつけること

妊娠すると、女性の体には大きな変化があります。赤ちゃんが元気に育つために知っておきたい、胎盤のトラブルについても知っておきましょう。

 

貧血

赤ちゃんの血液の材料になる鉄は胎盤を通じて赤ちゃんに運ばれていますので、お母さんは貧血になりやすいです。特に妊娠中期から後期にかけては循環血流量がぐっと増加し、お母さんは血液が薄まった状態になり貧血の方も増えます。妊婦健診でチェックしてもらうとともに、めまいや息切れ、立ちくらみなどの症状がある場合には医師に相談しましょう。

 

鉄を摂りましょう

妊娠中は意識して鉄を摂るようにしましょう。ほうれん草などは鉄が含まれる食材としておすすめです。植物性の食品に含まれる非ヘム鉄はビタミンCと一緒に摂ると吸収率が高まります。
食事だけでは足りない場合は、鉄が含まれるサプリメントを利用するのもひとつの方法です。
エレビットは、鉄はもちろん妊娠中に必要な栄養が配合されているマルチビタミンサプリメント。1日3粒で18種類のビタミンとミネラルを摂取することができます。

エレビットについてはこちら

妊娠中期に気をつけること

妊娠したら知っておきたいこと

妊娠すると体形が変わり、普段と同じようにできないことや、心配なことも出てくるでしょう。そこで、体形の変化に関連する3つのことをご紹介します。

車の運転はいつまでしていいの?

運転

妊娠後期になり、おなかが大きくて運転がしづらくなるまでは、体調に気を付けながらであれば基本的には運転しても大丈夫です。安全運転を心がけるのは当然ですが、おなかが大きくてもシートベルトは必ずしめましょう。
シートベルトは運転するときも運転してもらって乗車するときも、おなかのふくらみを避けるよう腰骨の出来るだけ低い位置でしめます。
長時間の運転は避け、休憩をとりつつ無理のない範囲で運転しましょう。車から乗り降りするときには、ハンドルにおなかをぶつけないように注意してくださいね。

おなかが大きくなった時の寝る姿勢

おなかが大きくなってくると、仰向けで寝るのが苦しく感じてくると思います。体の右側には、下半身の血液を心臓に送る血管がありますので、それを圧迫しないよう体の左側が下になるようにして横向きに寝るようにしましょう。また、抱き枕やクッションなどを利用して、楽な姿勢を見つけるのもいいですね。昼間眠い時は、夜の睡眠に影響がないよう、15時頃までに昼寝をして休息をとるのもおすすめです。

パパが気をつけること

パパが気をつけること

妊娠中から出産後にかけて、妊婦さんには精神的にも身体的にも大きな負担がかかっています。こうした負担は、赤ちゃんへも負担をかけることになりかねません。
先輩パパの中には「こまめな声かけで、妻の様子を把握すること」を心がけたという人もいます。ほかにも、すぐに連絡がとれるよう携帯電話の電源は常に入れておく、飲み会などの付き合いは少し控える、まめに連絡を入れる、といった気配りを心がけ、ママへの声かけを忘れないようにしてくださいね。

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

▼あなたはいま妊娠何ヶ月目ですか?
詳しくみてみましょう。

妊娠初期
妊娠中期
妊娠後期

監修

越智 博先生
医療法人 ヒューマンリプロダクション
つばきウィメンズクリニック 副院長

1998年愛媛大学医学部附属病院 産婦人科准教授を経て、 2005年に愛媛県立中央病院 産婦人科主任部長。2012年より愛媛県立中央病院 総合周産期母子医療センター長、2019年より医療法人竹村医学研究会 小阪産病院院長を務めたのち、2022年1月より医療法人 ヒューマンリプロダクション つばきウィメンズクリニック副院長に就任。

妊娠に関するその他のヒント

妊娠に備えて、さらに準備したいとお考えの場合は、このサイトの妊娠中の栄養に関するページと、生活習慣に関するページをご覧ください。お母さんの体調を整え、成長する赤ちゃんのために役立つ情報が満載です。

 

栄養について 生活習慣について チェックリスト

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!
First True Present 未来の赤ちゃんに、いまからできるプレゼント

Last Updated : 2022/Feb/15 | CH-20220201-04