__________ エレビット __________

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

【医師監修】妊婦さんは湿布薬を使っても大丈夫?

妊婦さんは湿布薬を使っても大丈夫?

妊娠中の腰痛や肩こりはよくある症状です。妊娠前なら気軽に湿布薬を貼ったり、クリームや液状の鎮痛消炎剤を塗ったりできますが、妊婦さんは使ってもいいのでしょうか?

湿布による胎児への影響

湿布薬には、痛みを鎮める成分や血行をよくする成分などが含まれています。そのうち、妊娠中は気を付けたい成分がNSAIDs(エヌセイズ)です。

NSAIDs(エヌセイズ)に気をつけましょう

NSAIDsは非ステロイド性抗炎症剤の総称で、解熱や鎮痛、炎症を抑える効果があり、市販の湿布薬や医師が処方する湿布薬に含まれている場合があります。
湿布薬(貼付剤)に含まれる成分は局所的に作用するものですが、NSAIDsという成分自体は妊婦さんが使用することにより、胎児動脈管早期収縮や胎児の腎機能低下、尿量減少、それに伴う羊水過少症を引き起こす可能性があります。自己判断で使用する前に産婦人科のかかりつけ医に相談しましょう。     

胎児動脈管早期収縮とは
全身から戻ってきた血液は心臓から肺に送られ、肺で酸素を多く含んだ血液となって心臓に戻り、そこから再び全身に送り出されます。しかし、胎児は肺呼吸ができないため、心臓から肺を経由せず全身に血液を送る「動脈管」という血管を備えています。
動脈管は出生後に閉じますが、妊娠後期(妊娠28週以降)にNSAIDsの影響を受けると、出生前に閉じてしまうことがあります。これが胎児動脈管早期収縮です。
胎児の動脈管が閉じると肺への血流が増加し、肺や心臓への負担が増して、胎児の命にかかわることがあります。

市販の湿布薬には、他にも妊婦さんが使用しないほうがよい成分が含まれている場合が多くあります。腰痛や肩こりで湿布を使用したい時には、妊娠中であることを伝え、病院で処方してもらうようにしましょう。
また、妊婦さんのお肌はデリケートでかぶれやすい状態です。用法・用量を守って使用しましょう。

湿布

湿布以外の肩こり・腰痛の緩和方法も試してみましょう

妊娠中の肩こりや腰痛の緩和にはマタニティーエクササイズがおすすめです。これは妊婦の運動不足解消用に考案されたエクササイズで、アクアウォーキングやヨガ、ストレッチなどがあります。エクササイズは専門の指導者のもとで安全に行いましょう。また、腰痛を緩和するための骨盤ベルトを使ってみるのも方法のひとつです。

妊娠中は飲み薬だけでなく、皮膚から体内に取り込まれる湿布薬の成分にも注意する必要があります。腰痛や肩こりがひどいときには、無理せずにかかりつけの医師に相談しましょう。

ストレッチで改善!妊娠中の肩こり・腰痛・恥骨痛

この記事は2021年10月11日時点の情報です。

監修者

谷川原 真吾先生

谷川原 真吾先生

医療法人社団 スズキ病院 理事長スズキ記念病院 院長
1982年、東北大学医学部卒業、同産科学婦人科学教室入局。1990年、米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学。2014年、仙台赤十字病院副院長となり、2018年より日本産婦人科医会常務理事、宮城県産婦人科医会副会長、宮城母性衛生学会副理事長に就任。2020年、スズキ記念病院病院長。2021年、スズキ病院理事長。
 

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

Ninkatsu_segment_SampleBanner

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!

Last Updated : 2022/Mar/23 | CH-20220308-24