妊娠中の入浴は何に気をつければいい?温泉はダメ?|エレビット (Elevit)|バイエル薬品
__________ エレビット __________

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

妊娠中の入浴は何に気をつければいい?温泉はダメ?

運動

入浴や温泉はさまざまなメリットがありますが、妊婦さんにとってはどうでしょうか。妊婦さんがお風呂に入るメリットや気をつけたいポイント、また、妊娠中の温泉について解説します。

妊婦と入浴

入浴の一般的な効果として、身体を温めたり、血液の循環がよくなったりすることが挙げられます。これは妊婦さんも同じで、温浴効果によるメリットがあります。実際にお風呂に入ると、さまざまなマイナートラブルが和らいだ、と感じることがあるでしょう。

たとえば、肩や背中、腰の張り、足の重だるさなどから解放される感じがしたり、お腹がふわふわとした触感になったり、赤ちゃんがよく動くように感じる人は少なくありません。
シャワー派の人もいるでしょうが、全身を効果的に温めるには、湯船に浸かるほうがおすすめです。

 

妊娠中は胎児と一心同体

妊娠中の入浴のポイント

妊娠中に入浴する際は、身体の特徴に合わせて次のことに気をつけましょう。

温度や入浴時間の目安:長湯はしないこと

38℃以上のお湯に10分以上つかると深部体温が上昇すると報告されています。短時間でも身体を温めることができるため、38~40℃くらいのぬるめのお湯で10分以内の入浴を心がけましょう。一方、長湯はのぼせや立ちくらみの原因になります。顔や首あたりに汗ばむような感覚があれば、早めに上がりましょう。
もし、短時間の入浴で身体が温まらないときには、下半身浴や足浴などの部分浴でしっかり温まるのもよいでしょう。部分浴の目安は40℃くらいのお湯で30分間程度。ただし、お湯に浸かっていない部分が冷えないように、かけ湯やタオルを羽織るなどの対策をとるといいでしょう。

転倒には細心の注意を

脱衣所やお風呂場は足元が滑りやすいので、注意が必要です。とくに妊娠中はお腹が大きくなって足元が見えにくかったり、姿勢が変化したりしていることから、想像以上にバランスを崩しやすくなっています。脱衣・着衣の際や、脱衣所から浴室へ踏み出す時に滑ってしまった、というケースも多いので、十分に気をつけましょう。

入浴のタイミング:外出前の入浴は湯冷めに注意

基本的に好きなタイミングで入って問題ありませんが、おすすめは夜。眠る前の入浴には、入眠効果があります。一方、朝の入浴は悪くはないものの、外出前に入ると湯冷めの原因に。朝派の人は、時間に余裕をもってお風呂を楽しみましょう。

肌の乾燥に気をつける

一般的に、妊娠中は肌が敏感になったり乾燥しやすくなったりする傾向があります。さらに、お湯の温度が高すぎる、湯舟に浸かる時間が長い、一日のうちに何度も身体を洗う、といった要因が重なると、肌の乾燥がよりいっそう進みます。入浴の際は適温を心がけ、洗い過ぎに注意しましょう。また、入浴後は保湿ケアをしっかり行いましょう。

妊娠中の温泉は入っても大丈夫!?

かつて「温泉法」では、妊婦が温泉の禁忌症(きんきしょう:温泉には入浴してはいけない症状)として扱われていましたが、その理由までは明確にされていませんでした。その後行われた調査では、妊娠中に温泉を利用しても、妊婦の体調や胎児にまつわるトラブルは増加しないことが確認されていて、2014年には温泉の禁忌症から「妊婦」の項目も除外されています。
ですから、妊娠中でも温泉に入ることは問題ありません。ただし、温度や入浴時間など、先にご紹介した入浴のポイントを踏まえて、安全に配慮しながら楽しむようにしましょう。

破水したら入浴はNG

基本的に、妊娠中も入浴や温泉はこれまで通り楽しむことができますが、破水しているときは入浴できないので、覚えておきましょう。破水とは、赤ちゃんを包む膜が破れて赤ちゃんのいる空間(子宮内)と外の世界(膣)が繋がっている状態で、細菌が子宮内に入りやすくなっています。細菌が子宮内に入ると、お腹の赤ちゃんに感染を起こす恐れがあります。感染だけでは無く臍帯脱出などの恐れもありますので、「破水したかも」と思ったら、臨月かどうかにかかわらず、まずは産院に連絡して指示を仰ぎましょう。

ちなみに、水中出産という産み方があるように、お産が始まっていても、破水していなければ入浴することはできます。とくに陣痛が始まってからの入浴は、身体をリラックスさせて、お産がスムーズに進むことも期待されています。

まとめ

入浴は、妊婦さんにとってもさまざまなメリットがあるので、おすすめです。温泉はかつては禁忌とされていましたが、妊娠中でも問題なく温泉に入ることができます。ただし、体調の変化や安全面での配慮を忘れないようにしましょう。

妊娠中の入浴について、不安や疑問に思うことがあれば、かかりつけの産婦人科医に相談することが大切です。

この記事は2021年10月4日時点の情報です。
 

監修者

三宅 貴仁先生

三宅 貴仁先生

三宅医院 院長
2001年川崎医科大学医学部卒業、大阪大学医学部産婦人科入局。
2008年大阪大学大学院修了、大阪労災病院産婦人科医長を経て、2011年The University of Texas MD Anderson Cancer Center (USA) 留学。2014年川崎医科大学産婦人科講師を務め、2016年三宅医院院長。
現在、三宅医院グループ(三宅医院、三宅医院問屋町テラス、三宅おおふくクリニック、三宅ハロー歯科)代表。
三宅医院では出産がゴールでは無く新しい家族との生活の始まりとして、分娩のみならず産後の育児支援に力を入れている。

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

Ninkatsu_segment_SampleBanner

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!
First True Present 未来の赤ちゃんに、いまからできるプレゼント

Last Updated : 2021/Sep/30 | LMR-CH-20210705-03