Home学ぶ:妊活中の心とからだバイエル薬品(株)が主催する、医療従事者向け講演会を開催しました

女性の健康ニュース

女性の健康ニュース一覧へ

バイエル薬品(株)が主催する、医療従事者向け講演会を開催しました

2019年1月23日

2018年10⽉21⽇(⽇) シェラトン都ホテル東京にて、120名を超える医療従事者の⽅々をお招きした講演会を開催いたしました。
今回は、エレビットの製品特性についてのご紹介と、「生殖医療における栄養の意義を考える」をテーマに、生殖医療における世界的権威である、2名の先⽣にご講演いただきました。

受付前にはエレビットグッズを総動員してお出迎えです。

エレビットについて

エレビットと同じくスイス出⾝の、バイエル薬品(株) コンシューマーヘルス部⾨ マーケティングヘッド マーク・ホファのご挨拶とエレビットの製品特性についてのご紹介からスタートです。

エレビットのこだわりと、有⽤性について、お話をさせていただきました。

妊活中の⼥性の場合、「葉酸」の1⽇あたりの推奨摂取量は640μg(食事から240㎍、サプリメントや強化食品から400㎍)と⾔われています。
⾷事だけから摂取することは簡単ではありませんが、エレビットなら1⽇3粒で葉酸が効率よく摂取いただけます。また、葉酸だけはなく、鉄分やビタミン、ミネラルもバランスよく配合されており、⼥性の強い味方となるサプリメントです。

ちなみに、葉酸の推奨摂取量 を食事から摂ろうとすると、ブロッコリーでは2.6房分、納⾖だと、なんと21パック分!1⽇に納⾖21パック、1⽇3⾷として、1⾷あたり7パック。1⽇の⾷事が納⾖だけで終わってしまいそうです。

特別講演

特別講演では、セントマザー産婦⼈科医院 院⻑・順天堂⼤学産婦⼈科 客員教授 ⽥中 温先⽣を座⻑にお迎えし、医療法⼈ 三慧会 HORACグランフロント⼤阪クリニック 院⻑ 森本 義晴先⽣と、Reproductive Medicine, University of Western Australia & Medical Director Roger Hart教授にご講演いただきました。

特別講演①

まずは、⼤阪市・東⼤阪市に3つのクリニックと、2つのラボを持つ、⽇本屈指の生殖医療専⾨医院、医療法⼈三慧会 HORACグランフロント⼤阪クリニック 院⻑ 森本 義晴先⽣のご講演です。
なんと、森本先⽣は年間で10000例の体外受精に取り組まれ、NHKの生殖医療に関する特集でも取り上げられたほど有名な先⽣なのです。
ミトコンドリアと妊娠の関係についても深く研究をされており、森本先⽣ならではのご講演に期待が⾼まります。

森本先⽣が実施された研究の結果や、妊娠を希望する⼥性におすすめしたい「ミトコンウォーク」に関するお話、ビタミンDと妊娠率や流産との関係について、葉酸サプリメント摂取量と⽣産率の関係について、葉酸は800~1000ug/dを目安に摂取すると良いことなど、とても興味深いお話をしていただきました。

特別講演②

続きまして、生殖医療において、世界的権威でもある、Reproductive Medicine, University of Western Australia & Medical Director Roger Hart教授のご講演です。
Roger先⽣は、この講演会のためにオーストラリアから来⽇くださいました。

オーストラリアは排卵誘発や⽣殖補助医療の⽀援が⾮常に進んだ国で、治療にはサプリメントも積極的に取り⼊れているそうです。栄養が⾜りていない⼥性がまだまだ多い⽇本では、オーストラリア以上に積極的に取りいれてほしいとおっしゃっていました。

座⻑の⽥中 温先⽣からは、「バランスのとれた⾷事を⽇常で実践していくのは、なかなか難しいことなので、サプリメントを上⼿く活⽤し、体内の環境を整えることが⼤切」というお⾔葉をいただき、講演会は終了いたしました。

⼥性に⼤切な「健やかな体と、健やかな⼼」を育むために、エレビットが少しでもお役に⽴てたらいいなと、改めて感じた講演会となりました。

参考⽂献:
1) Fertil Steril. 2010 Sep;94(4):1314‐9.
2) Human Reproduction, vol.29,No.2pp,208‐219,2014
3) Gaskins AJ et al., NIH‐PA, 2014
4) Chavarro JE, F&S, 2008

女性の健康ニュース一覧へ

産婦人科医 推奨No.1のブランド
エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でも
お買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

2018年5月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科178名