__________ エレビット __________

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

何をそろえればいいのかがひと目でわかる!出産準備リスト
肌着・ウエア

肌着・ウェア

直接赤ちゃんの肌に触れるものだから、汗をよく吸って通気性のいい綿100%を選びましょう。まだ首がすわっていない新生児期の赤ちゃんは、寝かせたままお着替えができる「前開き」タイプが基本です。

※この記事はマタニティ誌Pre-mo(主婦の友社刊)の記事をWEB用に再編集したものです。

東京都在住・4月出産ママの場合

短肌着・ボディスーツ

短肌着

準備数:5枚

新生児期の約1カ月間着せていました。

ボディスーツ

準備数:2枚

5月に入ってから半袖ボディが活躍。淡い色味のものがお気に入り。

2ウエイオール・カバーオール

2ウエイオール

準備数:4枚

新生児期には毎日ドレス型にして着用。生後2カ月頃からはズボン型に。

カバーオール

準備数:1枚

おむつ替えの回数が多い新生児期は、2ウエイオールのほうが便利でした。

セレモニードレス

セレモニードレス

準備数:1枚

退院時に着せましたが、お宮参りのときは暑かったので着ませんでした。

ミトン・スタイ・おくるみ

ミトン

準備数:1組

脱げやすいので、あまり使いませんでした。

スタイ

準備数:10枚

生後2カ月頃までは、よだれが出なかったので使いませんでした。

おくるみ

準備数:2枚

薄手と厚手2種類用意。冷え込む朝晩は、厚手タイプが重宝しました。

グッズ選びと季節のワンポイントアドバイス

季節に応じて肌着やウエアの枚数を調整して

赤ちゃんは大人に比べて汗っかき。とくに汗をかきやすい夏場は、肌着やウエアは多めに用意。汗をかいたらこまめに着替えさせてあげましょう。

肌着は汗を吸う綿素材を。季節に合わせた素材選びも

肌着は、汗を吸うスムースやフライスなどの綿素材が最適。肌がべたつきやすい夏場は、通気性のいいガーゼ素材、冬場は保温性があるエアニットやキルティングがおすすめです。

真夏は肌着1枚で過ごしてもOK

基本は肌着+ウエアの重ね着ですが、真夏は室内であれば肌着1枚で過ごして構いません。冷房が気になる場合は、おくるみやブランケットなどで体温調節を。

冬はベストや帽子などの小物類、アウター類で体温調節

寒いからといって重ね着しすぎはNG。着脱がしやすいベストや帽子などを活用しましょう。秋冬のお出かけには、カーディガンやポンチョ、ジャンプスーツなどのアウター類を用意。薄手と厚手、両方あると便利です。

先輩ママの「コレが役立った!」「コレはいらなかった!」体験談

おくるみは、赤ちゃんをくるむだけでなく、お昼寝のときに上からかけたり、ベビーカーで出かけるときの日よけとしても活躍。一年中使えます。
(あつみさん・26歳)
70cmサイズのデニムパンツを購入したものの、ねんね期は前開きタイプが便利なので、結局着せませんでした。もったいなかった・・・。
(りくくんまま・31歳)
肌着はひもで結ぶタイプよりも、ボタンで留められるものが便利!スピーディにお着替えができます。
(とんこさん・26歳)

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!
First True Present 未来の赤ちゃんに、いまからできるプレゼント

Last Updated : 2021/Dec/3 | CH-20211125-80