__________ エレビット __________

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

何をそろえればいいのかがひと目でわかる!出産準備リスト
授乳・ミルク

授乳・ミルク

母乳だけで育てられるかどうかは、産前には予想がつきません。ママの体調や赤ちゃんの成長によって、哺乳びんで母乳をあげたり、ミルクを足したりすることも。母乳派でも、ミルクグッズを使うことを想定しておくと安心です。

※この記事はマタニティ誌Pre-mo(主婦の友社刊)の記事をWEB用に再編集したものです。

東京都在住・4月出産ママの場合

授乳ブラジャー・カップつきキャミソール

授乳ブラジャー

準備数:2枚

外出時は、きちんとした専用ブラジャーがつけ心地がいいです。

カップつきキャミソール

準備数:3枚

低月齢のころは家で過ごすことが多いので、たくさんあって正解。

母乳パッド・乳頭保護アイテム

母乳パッド

準備数:1袋

母乳があふれるのを防止するのに必要。コスパで選びました。

乳頭保護アイテム

準備数:1個

赤ちゃんに吸われ続けていると、だんだんと痛みが・・・。保護クリームが活躍。

搾乳機・母乳冷凍袋

搾乳器

準備数:1個

電動タイプを購入。乳首を休ませたいとき、張りすぎたときに助けられました。

母乳冷凍袋

準備数:1枚

購入したものの、1~2回しか使いませんでした。

哺乳びん・粉ミルク

哺乳びん

準備数:2本

80㎖、150㎖サイズを購入。途中で完全母乳になったので、白湯を飲ませるのに使用。

粉ミルク

準備数:1箱

粉をかためてキューブ状にした粉ミルクは、出先での授乳タイムに超便利!

哺乳びん消毒グッズ・哺乳びん洗浄ブラシ

哺乳びん消毒グッズ

準備数:1個

電子レンジ消毒タイプ。おしゃぶりなども消毒できて、乾燥もできるので重宝。

哺乳びん洗浄ブラシ

準備数:1個

馬の毛でできているブラシを購入。底までしっかりと洗えます。

授乳クッション

授乳クッション

準備数:2個

抱き枕にもなるものを、妊娠中に義姉がくれました。産後に小さいものを買い足し。

グッズ選びと季節のワンポイントアドバイス

冬の授乳には「授乳口つきパジャマ」「授乳インナー」が便利

寒さに耐えながらの夜間授乳は、産後のママにとってもつらいもの。授乳口がついたパジャマや授乳インナーなら、肌を露出させずに授乳ができて便利。

「授乳枕」があれば、汗っかきな赤ちゃんも快適に

ママの腕に通して使う「授乳枕」は、授乳時に腕が汗でびっしょりになるのを防いでくれます。同時に赤ちゃんの首元の汗も吸ってくれて快適!

哺乳びんのサイズは小さめからスタート

哺乳びんの容量は、120ml、160ml、240mlなどが一般的。新生児のころは飲む量が少ないので、小さめサイズがおすすめ。生後2~2カ月になったら、200ml以上のものを買い足して。

先輩ママの「コレが役立った!」「コレはいらなかった!」体験談

持ち運びできるLEDライトが夜の授乳に役立ちました。子供が寝た後、こっそりマンガを読むのにも重宝しました(笑)
(ゆーみーさん・34歳)
哺乳びんや粉ミルクは産院と同じ物がいいと聞き、産後退院するまでの間に準備。自宅に帰ってからもスムーズに授乳ができました。
(マリリンさん・36歳)
授乳ケープを買ったけど、外出する機会もなく、完全ミルクになったので使わずじまい。産後必要になってから買えばよかった。
(なあほさん・32歳)

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

Ninkatsu_segment_SampleBanner

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!
First True Present 未来の赤ちゃんに、いまからできるプレゼント

Last Updated : 2021/Dec/3 | CH-20211125-80