Home女性の健康ニュースDOHaD学会で共催セミナーを開催しました

女性の健康ニュース

女性の健康ニュース一覧へ

DOHaD学会で共催セミナーを開催しました

2018年10月25日

2018年8月17日(金)、18日(土)飯田橋レインボービルにて第7回日本DOHaD学会が開催されました。
この学会では、「胎児期の健康・栄養状態が、成人になってからの健康や疾患リスクに栄養を及ぼす」という、いま話題の「DOHaD」説ついて、多くの講演とディスカッションがおこなわれました。

バイエル薬品共催セミナー

バイエル薬品では、座長に順天堂大学 大学院プロバイオティクス研究講座特任教授 山城 雄一郎 先生、演者に、この分野のエキスパートであるルートヴィヒ・マクシミリアン大学 ミュンヘン 教授ベルトルト コレツコ先生をお招きし、「周産期における微量栄養素の重要性」をテーマにご講演いただきました。会場は多くの先生方で超満員。

お腹の赤ちゃんにとって、生まれたあとの成長や健康状態にはお母さんの栄養状態がとっても大切なんですね。とくに、葉酸はお腹の赤ちゃんの「神経管閉鎖傷害罹患」のリスクを軽減するために積極的に摂り入れたほうがいい栄養素と、コレツコ先生。葉酸だけではなく、葉酸の吸収を助けるビタミンやミネラルと一緒にに摂取するのがおすすめのようです。

ご講演後には、会場にいらしたたくさんの先生方がコレツコ先生に質問をされ、とても活気のある、講演会となりました。

女性の健康ニュース一覧へ

産婦人科・婦人科医師 推奨No.1のブランド
エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でも
お買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2017年3月 当社インターネット調査 調査対象:産婦人科・婦人科医師170名

※2017年3月 当社インターネット調査

 調査対象:産婦人科・婦人科医師170名