エレビット

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

【医師監修】妊婦さんはポリフェノールをとっても大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

妊婦さんはポリフェノールをとっても大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

健康や美容への効果が注目されているポリフェノール。
しかし、妊娠中にポリフェノールを摂ってよいか、おなかの赤ちゃんへ影響があるかは気になるところです。詳しくみていきましょう。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールとは植物が作り出す抗酸化物質です。赤ワインのアントシアニン、緑茶のカテキンなどはポリフェノールの仲間です。コーヒーの色や苦み、香りもポリフェノールの一種であるクロロゲン酸がもとになっています。

活性酸素は微量なら人体によい働きをしますが、多過ぎると体を酸化し、動脈硬化やがん、免疫機能の低下などを引き起こします。こうした活性酸素を取り除くのが、ポリフェノールをはじめとする抗酸化物質です。アントシアニンやカテキンのほか、大豆に含まれるイソフラボンやサポニン、ゴマ由来のセサミノール、そばのルチンなどもポリフェノールの仲間です。

胎児への影響は?

妊娠中、ポリフェノールの過剰摂取により、胎児動脈管早期収縮を起こしたという報告があります。

胎児動脈管早期収縮とは

全身から戻ってきた血液は心臓から肺に送られ、肺で酸素を多く含んだ血液となって心臓に戻り、そこから再び全身に送り出されます。しかし、胎児は肺呼吸ができないため、心臓から肺を経由せず全身に血液を送る「動脈管」という血管を備えています。

動脈管は出生後に閉じますが、出生前でも動脈管が狭くなったり閉じたりすることがあります。これが動脈管早期収縮です。胎児の動脈管が閉じると肺への血流が増加し、肺や心臓への負担が増して、胎児の命にかかわることがあります。

胎児への影響は?

ポリフェノールを多く含む飲料・食品

ポリフェノールを多く含む飲料や食品を知って、摂りすぎに注意しましょう。

飲料

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • 高濃度カテキン飲料
  • ルイボスティー
  • ごぼう茶
  • グレープジュース
  • オレンジジュース

食品

  • プルーン
  • 高カカオチョコレート など
ポリフェノールを多く含む飲料・食品

妊活中・妊娠中に必要な
\栄養、摂れていますか?/

エレビット無料サンプル

同じ飲料や食品を摂り過ぎないようにしましょう

水分補給にカフェインが入っていないからと、ルイボスティーやフルーツジュースばかり飲んでしまう、チョコレートをつい食べ過ぎてしまう、というようなことは妊婦さんにありがちです。

ポリフェノールなど、妊娠中に摂り過ぎるとおなかの赤ちゃんに影響が及ぶ成分はいくつかあります。そのため同じ食品や飲料をたくさん摂り続けないようにしたほうが安心です。 食事について心配なこと、不安なことがあれば、かかりつけの医師に相談しましょう。

妊婦はカフェインを控え目に!どの飲み物なら大丈夫?

この記事は2021年4月15日時点の情報です。

監修者

河上 祥一先生

河上 祥一先生

社会医療法人愛育会 福田病院 病院長
1991年、国立琉球大学医学部医学科卒業。同年、熊本大学医学部附属病院産科婦人科入局。1997年、水俣市立総合医療センター産婦人科副医局長。1998年、飯塚病院産婦人科医局長代理。2006年、福田病院病院長に就任。また、公益社団法人くまもと被害者支援センター理事、日本産科婦人科学会 代議員、あんしん母と子の産婦人科連絡協議会 理事を務める。

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!

Last Updated : 2022/Mar/23 | CH-20220308-24