Home女性の健康ニュース妊婦さんへの新型コロナウイルス感染症のワクチン接種はどうしたらいい?

女性の健康
ニュース

女性の健康ニュース一覧へ

妊婦さんへの新型コロナウイルス感染症のワクチン接種はどうしたらいい?

2021年3月8日

2021年2月17日より、医療従事者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました。ワクチン接種は、医療従事者等(特に新型コロナウイルス感染症の患者対応に当たっている方々)→65歳以上の高齢者→基礎疾患のある方・高齢者施設等の従事者→その他の方という順番で接種体制が整えられる予定です。
妊娠中の方にとっては、ワクチンの接種は受けたほうがいいのか、胎児への影響はあるかなど、不安に思われることは多くあるでしょう。妊婦さんへの新型コロナウイルス感染症のワクチン接種については、どのような見解が示されているのでしょうか?

妊婦は「努力義務から外す」との発表

2021年2月15日に厚生労働省より、新型コロナウイルス感染症の妊婦さんへの予防接種について「妊婦については、ベネフィットとリスクをそれぞれに慎重に判断いただく観点から、努力義務を外すこととしたい。また、安全性に関しては、情報が得られ次第、情報提供を行っていきたい。」との発表がなされています。

■努力義務とは?
努力義務とは、「法律上の義務ではないため、違反しても罰則の対象にはならないが、当然そうすべきでありそのように努めなければならないもの」です。
例えば、乳幼児の予防接種では、インフルエンザ以外の定期接種(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ、麻しん、風しん、日本脳炎など)には努力義務があり、受けるように努めなければならないとされています。強制ではないので、接種を受けるかどうかを最終的に決めるのは、接種を受ける本人(もしくは保護者)となります。

■「努力義務から外す」とはどういうこと?
現在、国内での妊娠中の方を対象にした治験は行われておらず、海外の症例の情報しかない状況です。つまり、国内での安全性は確認されていません。
しかし、海外の実使用経験などからは、現時点で特段の懸念が認められているわけではないですが、妊婦さんが予防接種を受けてはいけないということではありません。
努力義務から外すとは、ワクチン接種を受けてはいけないという意味ではなく、接種を受ける有益性と潜在的なリスクを理解し、妊婦さん本人が接種を受けるかどうかを判断するということになります。
妊婦さんへの新型コロナウイルスのワクチン接種は、新型コロナ感染患者と接する機会や基礎疾患の有無など、妊婦さんひとりひとりの状況や背景を考慮し判断することが大切です。接種を受けるかお悩みの方は、一度、主治医に相談してみましょう。

海外での妊婦さんへの接種についての見解

海外での、妊婦さんへの新型コロナウイルスのワクチン接種の見解は下記のとおりです。

  • ■米国

    ・妊婦におけるワクチンの安全性に関するデータは限られている。
    ・妊娠中で、COVID-19ワクチンの接種が推奨されているグループ(医療従事者等)の一員である者はワクチン接種を選択することができる。

  • ■英国

    ・妊娠している場合は、新型コロナ感染症にかかるリスクや合併症を患うリスクが高い場合を除いて、ワクチンを受けるべきではない。
    ・最初の接種をしてから妊娠した場合は、妊娠が終わるまで2回目の接種を遅らせる必要がある。
    ・新型コロナのリスクが高いと思われる場合は、医師等と接種について相談する必要がある。

  • ■EU

    ・妊婦にワクチンを使用するかどうかの決定は、ベネフィットとリスクを考慮した上で、医療専門家と緊密に協議して行うべき。

  • ■WHO

    ・現在のところ、妊婦へのワクチン接種の有益性がワクチンの潜在的リスクを上回る場合を除き、妊娠中の接種は推奨していない。

上記のとおり、接種には慎重を期する必要がありますが、接種を禁止されてはいない状況です。

厚生労働省や各学会などの見解

厚生労働省や各学会の見解は、下記のリンクより詳しく見ることができます。
新型コロナウイルス感染症やそのワクチンの情報は日々更新されています。下記サイトより最新情報を得られますので、ぜひ活用してみてください。

詳細はこちら→厚生労働省 新型コロナワクチンについてはこちら
詳細はこちら→日本産婦人科感染症学会 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

本記事は2021年2月15日に作成されました。

最新の情報に関しては厚生労働省ウェブサイト等も併せてご参照ください。

女性の健康ニュース一覧へ

産婦人科医 推奨No.1※のブランド エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

2019年10月 (株)カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科194名