__________ エレビット __________

トップ>妊活TOP>妊活ガイド>妊活ガイド:インフルエンザワクチンの接種

12

インフルエンザワクチンの接種は、済んでいますか?

流行期間前の摂取がおすすめ

インフルエンザワクチンの接種による母体と赤ちゃんへのリスクは極めて低く、妊娠前・妊娠中のどちらでも、接種することが可能です。インフルエンザが流行する季節がくる前に、接種しておくことをお勧めします。

注射針

かかったら早めに治療

妊婦はインフルエンザにかかると重症化しやすいことが知られています。

妊娠中にインフルエンザにかかってしまった場合は、重症化と早産のリスクを防ぐために早めに病医院を受診し、お医者さんの説明を受けたうえで、抗インフルエンザウイルス薬で治療しましょう。

マスクの女性