__________ エレビット __________

トップ> 妊活TOP> 妊活中に知っておきたいこと> 妊活の「悩み」に関するコラム>妊活中に感じる不安や悩み。解消するにはどうすればいい?

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

妊活中に感じる不安や悩み。解消するにはどうすればいい?

妊活中に感じる不安や悩み。解消するにはどうすればいい?

妊活中は、なかなか妊娠しないことに悩んだり、不妊治療の費用に不安を感じたり、家族や仕事へ悪影響が出てしまったりと、さまざまな問題を抱えやすくなります。

妊活中の不安や悩みには、どのように向き合ったらいいのでしょうか。

不妊を心配したことのある夫婦は約2.9組に1組

不妊を心配したことのある日本の夫婦は約2.9組に1組となっており、多くの夫婦が妊娠の難しさを感じていることがわかります。
また、不妊検査や治療を受けたことのある夫婦は約5.5組に1組の割合です。2017年には約17人にひとりが生殖補助医療によって誕生しています。

このように、現代では妊活をすること、不妊治療を受けることは珍しいことではなくなっています。しかし、不妊治療の効果は100%のものではなく、妊活中の夫婦を取り巻く環境も整っているとは言い難い状況です。
 

不妊を心配したことのある夫婦は約2.9組に1組

※厚生労働省「不妊治療と仕事の両立ハンドブック」より

妊活中の不安や悩みについて 

妊娠できるかどうかわからない

妊活や不妊治療をすれば、必ず妊娠するわけではないのが辛いところです。なにをやっても妊娠に結び付かない状況に「いつまで続くんだろう」と不安になったり、「どうして授からないの?」といらだったり悲しくなったり。誰が悪いというわけでもなく、心の行き場がなくなってしまうことがあります。

家族や友人の反応が不安

家族や友人から「子どもはまだ?」という話題が出ることもあるでしょう。妊活や不妊治療中だと伝えること自体、悩んだり、ためらわれたりするかもしれません。「もしも心無いことを言われたりしたら…」と不安になることもあるでしょう。

職場の支援体制が整っていない

不妊治療を受けるための休暇・休職制度、フレックスタイム制度やテレワーク制度など、支援制度が整っている企業は、全体の3割程度です。

また、職場に不妊治療を受けていることを共有していない人の割合は、約58%と半数を超えることがわかっています。理由としては、「不妊治療をしていることを知られたくない」「周囲に気を使わせたくない」などが挙げられています。また、「周囲から理解を得られないと思う」という理由も多いようです。

妊活中の不安や悩みについて

※厚生労働省「不妊治療と仕事の両立ハンドブック」より

治療費用がかかる

人工授精は1回1万円~3万円ほどですが、体外受精や顕微授精などの特定不妊治療では平均の費用が1回約37~55万円と高額です。
1回で妊娠するとは限らないため、治療回数が増えれば、それだけ費用も増していくことになります。

生まれてくる赤ちゃんの健康状態が気になる

妊娠後も、赤ちゃんが無事に産まれてくれるか、なにか健康上で問題なことはないかと心配は尽きないことでしょう。ひとりで悩み、ストレスを抱えてしまうことも少なくありません。

妊活の悩みや不安へ 4つの対処方法

パートナーや家族との時間を作る

不妊治療は女性に身体的、精神的な負担がかかることが多く、パートナーや家族のサポートが必要不可欠になります。しかし、声かけの内容やサポートの方法がわからないという方も少なくありません。

そこで、具体的にどんなことに困っているのか、なにをして欲しいのかを伝え、お互いに気持ちを共有する時間を持つことが大切です。検査や治療については、可能であればパートナーと受診し、医師の説明を聞くこともよいでしょう。

不妊専門相談センターを利用する

「不妊専門相談センター」は、不妊に悩む方のための無料相談窓口です。都道府県や指定都市などに設置されており、医師、助産師、保健師など相談員による電話・対面での相談を行なっています。

また、不妊に悩む方同士の交流の場、不妊に関する講演会などを提供しています。 

厚生労働省「不妊専門相談センター」一覧

特定不妊治療の助成制度を利用する

不妊治療のうち、特定不妊治療(体外受精と顕微授精)は助成金の給付制度があります。金銭的な悩みは、助成制度を利用して負担を軽減しましょう。

また、2021年1月には不妊治療の助成が拡充され、保険適用の可能性も出つつある状況です。不妊治療が保険適用になれば経済的不安も軽減され、より治療を受けやすくなるはずです。

不妊治療連絡カードを利用する

「不妊治療連絡カード」は、不妊治療と仕事を両立できるよう、企業側に理解と配慮を求めるためのツールです。不妊治療を受けている社員や今後予定している社員が、企業側に不妊治療中であること(またはその予定があること)、治療の実施時期や配慮が必要な内容を伝えるために使います。必要に応じて、医療機関と医師名の記入・捺印をしてもらい、仕事との両立ができる環境を整えましょう。

妊活の専門家に相談できるサービスを利用する

「なにをしてもだめ。これからどう妊活を進めたらいいの?」「どうやって病院選びをしたらいい?」「いつから治療をはじめるべき?」など誰に相談してよいかわからない悩みが、次から次へと湧き上がってくることがあるかもしれません。

エレビットを定期購入されている方へ、妊活コンシェルジュサービスをご紹介しています。有料になりますが、専門家に相談し放題のサービスとなっています。

famioneによる妊活コンシェルジュサービスについて

妊活中の不安や悩みについて

妊活の悩みをひとりで抱え込まないで

妊活の悩みや不安は、できるだけひとりで抱え込まないことが重要です。パートナーはもちろん、家族や友人など、日ごろから悩みを共有するようにしましょう。きっと力になってくれるはずです。
妊活の方法や進め方については、かかりつけの医師や看護師に相談しましょう。

この記事は2021年7月30日時点の情報です。

Share!

facebook
Twitter
LINE
 

Ninkatsu_segment_SampleBanner

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

産婦人科医推奨NO.1 エレビット

 

産婦人科医 推奨No.1のブランド

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でもお買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

※2021年9月 合同会社カンター・ジャパン調べ インターネット調査 調査対象:産婦人科、産科、婦人科、生殖医療科、不妊治療科150名

オンラインショップでのご購入は送料無料!
First True Present 未来の赤ちゃんに、いまからできるプレゼント

Last Updated : 2021/Dec/16 | CH-20211215-11