Home妊活・妊娠お役立ちコラム妊娠計画中妊活中:栄養について

妊活中:
栄養について

妊娠前から毎日、健康的でバランスのとれた食事を摂り、それに加えて、エレビットのようなマルチビタミン・ミネラル配合のプレナタル*サプリメントを摂取することが大切です。そうすれば、妊娠に必要な栄養素を健康的に補うことができます。

妊娠準備期間

十分な栄養素を食事だけで摂ることは難しい

妊娠に伴って増加する必要な栄養量はなかなか食事だけでは満たせません。例えば、妊娠期に欠かせない葉酸や鉄などの推奨摂取量を食事で補うためには、以下のように、毎日、たくさんの量を摂取する必要があります。*

  • 葉酸

    ホウレン草(ゆでた状態で)約460gまたは調製豆乳(200mL)を約8パック

  • 赤身肉(輸入牛・肩)約360g(妊娠初期)・約900g(妊娠中期・後期)または鶏レバー約100g(妊娠初期)・約250g(妊娠中期・後期)

日本人の食事摂取基準2015年版(厚生労働省)および日本食品標準成分表2015年版(文部科学省)に基づき推定

妊娠前、妊娠中を通して、必要な栄養量を補うために、必要な栄養素を含むマルチビタミン・ミネラル配合のプレナタル*サプリメントが開発されてきました。

妊娠準備期間

妊娠しやすいからだにするための食事

あなたとパートナーの双方が、バランスの良い食事を摂るように心がけることで、妊娠の確率を高め、健康的な妊娠をサポートすることになります。

女性のための妊娠メニュー

  1. 新鮮な果物や野菜、玄米や全粒粉小麦などの繊維質に富んだ炭水化物をたくさん食べましょう。
  2. 低脂肪乳ではなく全乳を選び、脂肪分の高いヨーグルトを毎日食べましょう。
  3. コーヒーの摂取量を控えて、お酒と加糖ソフトドリンクを飲まないようにしましょう。その代わりに水を十分に飲んでください。
  4. 砂糖の摂取量を減らしましょう。白糖の代わりにメープルシロップ、蜂蜜などの天然甘味料を使用しましょう。

男性のメニュー

  1. 男性は亜鉛とビタミンEの摂取量を増やしてください。
  2. できる限り有機食品を摂りましょう。食物に農薬が含まれていると、ホルモンのバランスと精子の生産力が損なわれるおそれがあります。

健康的な食事の基本

健康的な食事には、さまざまな種類の栄養素を含む食品がバランスよく含まれています。日本の「食事バランスガイド」では、ごはんやパンなどの主食を5~7つ、野菜などの副菜を5~6つ、肉や魚などの主菜を3~5つ、牛乳・乳製品を2つ、果物は2つを1日の食事に含めることを推奨しています。

飽和脂肪酸、塩分、砂糖などを含んだ食品の食べ過ぎもよくありません。こうした食品の摂取量を減らすために、バターの代わりにオリーブオイルやスプレッドなどの不飽和脂肪酸を利用したり、加工済み食品やファストフードの摂取量を控えたりすることが推奨されます。

健康のために水を十分に飲むこともとても大切です。1日少なくとも2リットルは飲むようにしましょう。

妊娠活動を始める場合は、以下のような点も守るようにしてください。

  1. 1. 禁酒。

    安全を期して妊娠活動中、妊娠中、授乳中にはお酒を断ちましょう。

  2. 2. リステリア菌を含むおそれのある食品を避ける。

    該当する食品には、ソフトチーズ(カッテージチーズやクリームチーズ等)、テリーヌ、加工肉、調理済みのサラダ、生またはスモークした魚介類などがあります。卵、肉、魚は必ず十分に火を通してから食べてください。

  3. 3. 魚を選ぶときは慎重に。

    一部の魚は他の魚よりも水銀の含有量が多いため、厚生労働省は摂取量についてガイドラインを設けています。妊娠活動中に摂取しても良い魚の量は、1週間に1~2点(1点は約80 g)とされています。

  4. 4. カフェインの摂取量を控える。

    カフェインの摂取量は多くても1日にコーヒーカップ3~4杯に抑えましょう。カフェインはチョコレート、お茶類、一部のソフトドリンクや栄養ドリンクにも含まれていることを忘れないでください。

妊娠すると、赤ちゃんの
健康な発育を
助けるために
お母さんが必要とする
ビタミンとミネラルの量が
増加します

妊娠中に必要量が増える栄養素

妊娠準備中は、次の3つの理由からエレビットなどマルチビタミン・ミネラル配合サプリメントを摂取することが重要です。

  1. 妊娠中は女性の人生の中で最も栄養摂取量が多くなる時期の1つです。食事から摂取する栄養素の量は、鉄分の場合、最大で3.5倍にもなります。しかし、いくら努力しても必要な栄養素の増加量を、食事だけで補うことは困難です。
  2. 妊娠初期の数週間は、胎児の発育にとって特に重要な時期です。この時期に胎児の脳と脊髄(せきつい)のもととなる神経管が発達します。ほとんどの女性は赤ちゃんができて随分と時間がたってから、妊娠したことに気づきます。赤ちゃんが必要とする栄養素を十分に届けるため、妊娠活動を始めるのと同時にエレビットの摂取を開始しましょう。
  3. からだが必須栄養素を活用するまでに時間がかかります。妊娠による必要栄養素の増加に備えましょう。エレビットは、妊娠に伴って増えた必要栄養素を補うように配合されています。妊娠活動を始めたら、エレビットの摂取を開始しましょう。

妊娠準備中、妊娠中は赤ちゃんを育むため、葉酸、鉄などのビタミン・ミネラルも必要になります。

  • 葉酸

    妊娠初期の数週間で神経管は発達して閉じてしまいます。胎児の脳と脊髄(せきつい)のもととなる中枢神経系にとって、神経管はとても重要な器官です。この神経管の形成には、葉酸の摂取量が重要なカギを握っていると考えられています。

  • 鉄分の少ない食事は排卵障害の原因となり、妊娠しにくくなる可能性があります。さらに妊娠中は自分と赤ちゃんのために血液を作らなければならないため、鉄の必要量も著しく増加します。

変更すべき生活習慣

妊娠前から、健康的な食事を心がけ十分な栄養素を摂るだけでなく、生活習慣にも目を向けてみましょう。

2014年3月現在

エレビットの購入はこちら

病院・クリニック・調剤薬局でも
お買い求めいただけます。

お買い求めなら

オンラインショップ

お近くの取扱い病院・クリニックを探す

病院・クリニック検索

お求めやすい単品購入から
おトクな定期購入まで

1袋は90粒で、1日3粒が目安です。

定期購入は3回以上のお届けが必須となります。

「エレビット」無料サンプル プレゼント実施中「エレビット」無料サンプル プレゼント実施中

「エレビット」無料サンプルプレゼント実施中